女性だってセルフカットして節約したい!バリカン使って上手くカットを!

バリカンと言うとどうしても、坊主頭とかのイメージが浮かんできます。

またバリカンが男性のカット専用、というような思い込みもあります。

でもこれ、女性が使ってセルフカットというのも、今ではもちろんありなのですよ。

女性の髪のカット代は

女性の場合多くが髪の毛のカットは美容院で行っています。

美容院の場合どんなに安価でも、2000円くらいは1回のカット代にかかるものです。

これ正直、お財布を圧迫しますね。

特に若い女性の場合、月に2回位美容院でカットをする人もいますから、普通の美容院だとカット代だけで7000円くらい吹っ飛んでしまいます。

収入が同じならこのカット代を、少し他の方に回したいですよね。

もちろん時々はプロに、しっかりときれいにカットしてもらうほうがおすすめなのですが、普段のちょっと気になる程度のカットは自力でしたいものです。

でもいざ自分でとなると、結構難しくて諦めてしまう人もいます。

大体ハサミでカットとなると、右利きの人が左側のカットは本当に困難です。

左右対称には、なかなかなってくれません。

これ、バリカンを上手く使ってはどうでしょう。

女性にもバリカンでのカットは

女性がバリカンと聞くと、いた自分は坊主頭にする気はないから、と答えが返ってきます。

でも今のバリカン、坊主頭を作るためのものではなくなっているのです。

多くのアタッチメントのお陰で、髪をすいていくことさえ出来るのです。

なので、長めの髪の人の髪の先をすく、というような使い方もできるのです。

もちろんショートの人の場合、サイドの髪の毛をスッキリとさせることも出来ます。

耳周りなどうるさくなってきた時に、でもお財布が寂しい時などバリカンで気になるところだけセルフカット、ということも可能なのです。

大体カットというもの、人によりますが、神経質な人だと少しの伸びでも気になるとか言うことがあります。

全体をカットの必要はないけど、でもこの部分が気になるので美容室へ、ということありませんか。

そんな時に部分カットをバリカンでやっておけば、次の美容院でのカットまで気分良く過ごせます。

どんなバリカンがおすすめ

便利になったバリカンですが、その分いろいろな種類が販売されているので、どれを購入すれば良いのか迷ってしまいます。

バリカンの刃先の広さに注目

バリカンの刃先の広さは、機種によって違っています。

初めてのバリカンの使用とか、自分は器用な方ではないとの自覚がある場合、刃先の狭いバリカンを選んで下さい。

ちょっと手が滑っても、狭い刃先のものなら被害も少なく済みます。

一方そこそこ使い慣れていて、サクッとカットしたいという人には、広い刃先のものがおすすめですね。

できれば良いバリカンを使用したい

バリカンにも家庭用のものと業務用のものがあります。

どんな道具でも同じですが、プロの使う業務用のものは頑丈でパワーも強く出来ています。

その分お値段もいささか張りますが、使い勝手の面から言っても業務用はおすすめです。

あまり安い家庭用のものだと、すぐに切れ味が悪くなったりすることもあります。

軽量のものを

バリカンの場合もやはり、自重に注目することは大事です。

特にセルフカットの場合、自分で持ったまま行いますから、途中で重くて疲れてしまうと困りますね。

自重については結構製品によって差がありますので、できるだけ軽いものを選ぶと言いでしょう。

もちろん持った時の手の感触も大事です。

左右両方の手で持ってみて、持ちやすいと感じたフォルムのものを選んで下さい。

セルフカットの時に用意するもの

これは特に女性だけとは限りません。

男性でも同じような小物が必要ですね。

コーム

毛先を揃えたり切りすぎないようにするために用います。

もちろん前髪などをすいて、カットしやすいようにするためにも必要です。

ブラシではなくコームを用意して下さいね。

ヘアエプロンとかケープ

髪の毛が洋服についたり散らばったりしないように、ケープ関係の用意もしておきたいですね。

まあ最悪、大きなゴミ袋に頭を通す穴を開けてかぶる、と言う選択肢もありますが、できれば専用のものを用意したいところです。

ヘアピンやゴムやクリップ

長めの髪の人がバリカンでセルフカットする時にも、これらは必要です。

耳周りの髪の毛の処理などの場合、トップの髪をまとめておくとやりやすいですね。

カットする予定のない髪の部分まで、カットしてしまう危険も減ります。

鏡できれば三面鏡

もちろん鏡は必要です。

セルフカットの大きなコツは、髪の毛を見てカットしないことなんです。

鏡の中の自分を見てカット、うつむかずにバリカンを入れていくことが大事です。

うつむいてしまうと真っ直ぐに切れませんので、鏡は必須です。

特に三面鏡だとサイドのカットに大きく貢献してくれますので、できれば用意しておきたいですね。

まとめ

バリカンでのセルフカット、実はハサミを使ってやるよりもきれいに簡単にできるのです。

女性の場合はもちろん、髪の毛の先をすいたり、サイドの伸びすぎた部分をカットするのに最適に使用ができます。

襟足の部分はなれないとちょっと難しいので、誰かに頼んでやってもらうという選択肢もありますよ。